診療案内

矯正歯科

HOME > 診療案内 > 矯正歯科

歯並びが心と体に与える影響

歯並びが心と体に与える影響
矯正歯科とは、装置を使って歯を移動させ、歯並びや噛み合わせを改善する治療です。
なぜ矯正治療が必要かと言うと、歯並びや噛み合わせはもちろん、顎の発育・発音・肥満・コンプレックスなど、体と心に悪い影響を与えてしまうからです。特に顎(あご)の骨の成長や歯の生え変わりの時期(主に小学生)に歯並びを整えることで、お子様の将来に良い影響を与えます。

矯正についてよくあるご質問

  • いつ矯正すればいいの

    治療の時期は大きく分けて、第一期治療と第二期治療があります。矯正治療には、まだ永久歯が生え揃っていない時期の「第一期治療」(7~10歳)と、全ての永久歯が生え揃った時期の「第二期治療」があります。
    治療を始める時期はお口の中の状態で変わってきますが、受け口(下のアゴが前に出ている状態)の治療ですと、3歳から治療を始めることも可能です。その場合、歯の裏側に付ける取り外しのできる装置を使用して治療を行います。

  • 歯は抜くの

    歯が並ぶスペースが確保できそうな場合は、成長期になるべく自然な顎の成長を助ける治療を行い、歯を抜かなくてもすむように誘導していきます。しかし、顎の大きさに対して歯が明らかに並びきらない場合は無理に並べると後戻りしてしまうため、大人の矯正で歯を抜いて治療し、生体のバランスのとれた審美的で機能的な歯並びを目指します。

  • 矯正中の食事について

    取り外しのできる装置を使って治療を行っている場合
    普段と同じ食事で大丈夫です。
    食事をするときに装置を外して頂ければ何も問題もありません。

    ワイヤーなどの装置を使って治療を行っている場合
    歯にくっつきやすい「おもち」や「グミ」などは装置の隙間に食べかすが残りやすいので控えた方がよいですが、 無理に食事制限をしてお子様のストレスを増やす原因になるようでしたら普通に食べても問題ありません。
    食べ物に気を使うことは大切ですが、何より大事なのは食後の歯磨きです。装置の隙間や歯と歯の間をしっかり磨きましょう。

  • 矯正治療のローンについて

    第一期治療(永久歯が生えそろう前の治療)
    分析料 25,000円(税別)
    部分矯正(成長期の治療)200,000円(税別)
    定期検査・調整料 3,000円~5,000円程度(税別・通院毎)

    第二期治療(永久歯が生えそろった後の治療)
    分析料 25,000円(税別)
    本格治療(大人の治療)700,000円(税別)
    定期検査・調整料 3,000円~5,000円程度(税別・通院毎)
    ※歯並びの状態によって、第一期治療が終わった後、第二期治療を行う場合があります

  • 年齢制限はあるの

    矯正治療をお考えの方は色々なお悩みや希望を抱えていると思います。
    当院では矯正治療をお考えの皆様を全力でサポート致します。
    歯並びを整えることでアゴがすっきりし、見た目も変わります。歯並びを整えたいと思ったその日が吉日です。
    矯正のお問い合わせはお気軽にお電話下さい。

  • 矯正装置について

    歯の表面にワイヤーをかけ、歯1本1本をブラケット(右の図、歯の表面のグレーの装置)で固定し歯を移動させます。
    ブラケットを使用することで、歯を早く移動させることができます。
    また、ブラケットの部分は金属のものと白いセラミック製のものがございます。