ブログ

  • <日本歯周病学会②>

    2015年6月11日

    こんにちは。

    5月16日スタッフ全員で幕張メッセで行われた<歯周病学術大会>に出席してきました。

    今回学会の様々な講演を聞き、改めて歯周病の治療はとても長い年月経過観察が必要なものだと感じました。

    ベストハイジニスト賞を受賞された衛生士さんの症例は28年間、ほとんどの症例が10年前後の経過を追っているものばかりでした。

    むし歯とは違い、歯周病は完治することが難しい病気です。歯周病は痛みのサインもなく病状が進行してしまいます。さらに口の中は自分で見ることが出来ないため、理解してもらうことがなかなか難しいのが現状です。

    だからこそ、当院でも行っている口腔内写真などを使って、始めにきちんと説明を行い、患者さんに安心して長く通院して頂くことへの努力が大切だと感じました。


    <歯周基本治療の威力>の長谷川先生の講演で印象的だった言葉が、”自分の欠点を知り、相手を理解する”でした。講演を聞いて改めて振り返ってみると、患者さんの治療に対するやる気を上げる声がけが出来ていたか?質問に詳しく応えられていたか?心のこもったコミュニケーションが取れていたか?など、自分に対してたくさんの疑問が生まれてきました。

    通ってくださっている患者さんが安心して治療を受けた頂けるよう、私達スタッフが心を込めた対応をしなければいけません。

    長谷川先生の医院では他にも、ソーシャルスタイル診断というものを取り入れているそうです。歯科医院には様々な世代・性格・事情を持った患者さんがいらっしゃいます。その1人1人に合わせた治療内容・期間の提案そして説明の仕方をするために、ソーシャルスタイルに当てはめ、参考にしているということでした。ソーシャルスタイルは(プロモーター)(ファシリテーター)(コントローラー)(アナライザー)の4つに分かれます。

    ちなみに診断をしたところ、私は(アナライザー)でした。

    特徴:間を取り、穏やかに話す/考え深い/慎重

    付き合い方:選択肢が必要/時間を与える/せかさず褒める

    ・・・確かに、私はせかされるとすごく焦ってしまうし、1つのことをずっと考えてしまったりします。

    このように、ソーシャルスタイルに当てはめると相手とのコミュニケーションの仕方、付き合い方を参考にすることが出来ます。仕事やプライベートなど様々な場面で活用することが出来そうですね。みなさんも自分がどれに当てはまるか、是非調べてみてください。

    今回の学会では、歯周病の実態や現状、他の医院での取り組みを知れてとても勉強になりました。

    歯周病は歯科医院で行うプロケアと患者さん自身で行って頂くホームケアを実施することで、はじめて治療効果が出たり、予防が出来ます。今後も1人1人の患者さんに合った説明を行い、患者さんと私達医療スタッフが二人三脚で治療していけるよう、日々勉強をして頑張っていきたいと思います。

    詳しくはこちら

  • <日本歯周病学会>

    2015年6月11日

    こんにちは。

    先日、私達KDCスタッフは幕張の国際会議場で行われた歯周病学会に出席してきました。多くの歯科関係者がいたのと講義をしてくださった先生方のお話が非常にわかりやすく刺激的な1日でした。その中で興味深かったお話を一つご紹介したいと思います。

    現代の国民病、日本のライフスタイルの欠陥、奇妙な病気とも言われるアレルギー性疾患のお話です。

    アレルギー性疾患の主は、アレルギー性鼻炎(花粉症)、気管支喘息、アトピー性皮膚炎の3つがあげられます。この病気は免疫力低下が原因とされています。免疫とは病原菌やウイルスなどの外敵の侵入を防いだり体内にできた害をもたらす細菌を除去する自己防衛機能で腸内細菌70%とこころ30%でできています。このバランスが崩れるとガンやアレルギー性疾患を引き起こすのです。

    免疫力を低下させる原因はストレスだったり、日々の環境の中でつくられています。例えば最近、除菌や殺菌などに過敏になりすぎてしまい、そのキレイ社会が私達の体を守る皮膚常在菌や腸内細菌叢までも排除してしまっているのです。特に小さなお子さんがいる環境ではその線引きが難しいところですよね。

    続いて私達の環境の中で日常的に使っていたり、行っていることで免疫を低下させているのは活性酸素です。活性酸素は細胞を老化させ、寿命を短くし、細胞をガン化します。活性酸素が原因の病気は200種類とも言われていますが代表的なものは脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、高血圧などがあげられます。活性酸素を多量に生んでいるのは、ICガード、電子レンジ、抗菌グッズ、放射能、水道水、添加物の入った食品、噛まずにおいしいと感じる食品です。今の私達の生活にすっかりとけ込んでいるものばかりですね。

    逆に、活性酸素を抑制させる抗酸化作用のある食品は、植物化合物(フィトケミカル)、酵母、カビ、腸内細菌、プロポリス、地中から涌き出た生の水などです。進んで日常の食事等で取り入れていきたいものですね。

    活性酸素を発生させない生活習慣としては、ゆっくり噛む、ゆっくり食べる、ゆっくり呼吸する、体を温める、過激な運動をしない、自然の中で生活することです。

    特に、ゆっくり噛むこと(1回1秒、計30回)で抗酸化作用のある唾液が多く分泌し活性酸素が減少、免疫力upに効果があります。
    そして最後に大きな声を出して笑うと、幸せ物質(ドーパミン、セロトニン)が分泌されるので1日1度は大声で笑うとよいそうです。これは簡単に毎日続けられそうですね。

    この講義を聞いて日々のやりすぎてしまっていることや補っていきたいものを少しずつ改善していきたいなと思いました。

    詳しくはこちら

ブログ_copy_2

HOME > ブログ > ブログ_copy_2