ブログ

<ジルコニアセラミックス>

2015年2月19日

こんにちは。
まだまだ寒い日が続いています。みなさま、体調を崩されていませんでしょうか。

今回は当院でも補てつ治療で使っているジルコニアセラミックについてお話しします。

ジルコニアとは、酸化ジルコニウムを安定化させたセラミックで強度としなやかさ、美しさを兼ね備えた歯科材料です。

歯科以外の分野では、スペースシャトルの断熱保護材、F1カーのブレーキ部分など、医療用途としては、人工股関節の球状骨頭部などに使用されています。

これらの用途が示すように耐久性、耐食性、高い強度と生体親和性を持ち合わせた優れた材料です。

今まで強度が必要な箇所を治療する場合には、セラミックの内側に金属を使用し、強度を上げることで対応されてきました。

ただ、金属を内側に使用すると強度や適合性の面では良いのですが、金属が光を遮ってしまうため、天然歯のような透明感をだすことは困難でした。
ジルコニアセラミックは、金属を使用しなくても十分に対応できる強さを持っています。その為、セラミックだけで透明感のある美しい歯を作ることができます。

しかし、欠点としてはジルコニアは新しい素材なため、臨床経験の中で歴史がありません。他の長く信頼された物とは違い治療に関してエラーが出ることも確率的には少し高いように思われます。そして、硬い性質は利点でもありますが少しの調整に時間がかかってしまうのが欠点とも言えるでしょう。

利点、欠点を踏まえた上で満足のいく治療をするためのプランとしてジルコニアセラミックのご提案をさてて頂く事があるかもしれません。ご興味ありましたらスタッフまでお声をかけてくださいね。

記事の詳細を記述します。

ブログ_copy_2

HOME > ブログ > ブログ_copy_2