ブログ

『歯を失った部分の治療について』

2016年10月7日

こんにちは。

みなさんは歯を失った部分の治療と聞いて何を思い浮かべますか?
歯を失った部分を補う方法として『入れ歯』『ブリッジ』(失った歯の両隣の歯を削ってつながったかぶせものを入れる方法)『インプラント』と何種類かありますが、今回はインプラントについてご案内していきたいと思います。

インプラント治療とは、失ってしまった歯の代わりに顎の骨にネジを埋め込み、かぶせものをして人工の歯を作る治療です。

インプラントは他の方法と比べて歯を削る必要や、周囲の歯に負担をかける必要がなく、自分の歯と同じように食べることができるという利点があります。
ただし、他の方法のように保険適応ではないこと、簡単な手術が必要にはなってきます。

手術と聞いて、痛みが心配な方もいらっしゃるかと思います。
手術中は麻酔をしっかりとかけますので、ほとんど痛みを感じることはありません。
また、お口の中は体の他の部分と比べると治りやすい部分でもあります。

お時間も本数などによって多少変わってきますが、だいたい1時間程度です。
手術の日程を決める前に詳しい説明も行っておりますので、気になる点や不安な点がある方はお尋ねいただけます。 その他インプラントについてお聞きになりたいことがあれば、スタッフにお気軽にお声がけください。

記事の詳細を記述します。

ブログ_copy_2

HOME > ブログ > ブログ_copy_2