ブログ

『前の歯のかぶせものについて』

2016年4月22日

こんにちは。

前回、前々回とラミネートベニア、パーフェクトクラウンについてお話ししてきて前の歯の自費の治療について興味を持たれた方もいるかと思います。
ですが、もうムシバになってしまったからラミネートベニアのようにムシバではない歯の治療にはあてはまらないし、かといってパーフェクトクラウンのように手順をふむのも大変だから、もう少し手軽にムシバになってしまった前の歯をきれいに治すことはできないのかしら。と思った方もいるのではないでしょうか。

そこでご紹介したいのがメタルボンドです。
メタルボンドはパーフェクトクラウンのようなかぶせるタイプのもので、基本的には『型どりをして、その次に入る』という手順になります。
もちろん、色や形を見ながら最終的に仕上げていくので、間に何度か修正をはさむこともあります。

ここまで自費のかぶせもののお話をしてきましたが、保険のつかえる前の歯の白いかぶせものもあります。
保険のかぶせものもメタルボンドと同じで『型どりをして、次に入る』という手順で、1万円程度で入れることができます。
メタルボンドは8万円なので、金額の面だけをみると保険のかぶせものを選択しようかなと思われるかもしれません。

ではなぜメタルボンドをおすすめするのかというと、保険のものと比べ、色がきれいでこわれにくく、汚れがつきにくいという利点があるからです。
きれいでこわれにくければ長い間お使いいただけますし、汚れがつきにくければ、再びムシバになる可能性が低くなります。

また、メタルボンドは対応できる範囲が広く、審美的にもすぐれていて、昔からあるかぶせものの種類になりますので信頼性が高いのもおすすめするポイントになります。

とはいえ、大切なのはご自身の歯を維持していくことです。
ムシバにならないようにご自宅での毎日のブラッシング、年に数回の歯科医院での定期的なメンテナンスを行って、ムシバを予防していきましょう。

記事の詳細を記述します。

ブログ_copy_2

HOME > ブログ > ブログ_copy_2