ブログ

ブログ

【ホワイトニングの種類について】

2016年2月24日

こんにちは。


寒暖の差が激しく、
空気も乾燥していますので、体調管理には十分気をつけていきたいものですね。

今回は当院で行っているホワイトニングの種類についてお話したいと思います。

当院では大きくわけて、ケンズ、ポリリン酸、ブーストの3つの薬剤を使い分けています。
どの薬剤も体や歯に優しいものを使用していますが中でもオススメは、ポリリン酸とブーストです。

ポリリン酸とは、もともと私達の体内に存在している成分です。鎖状のもので、ある一定の長さのポリリン酸がステイン除去の効果を発揮します。
表面に付着したステインを剥がし、歯をコーティングします。コーティング効果が再び歯に汚れが着くのを防いでくれます。また、カルシウムを引きつけ結合する働きもあります。

ただし、術中は光をあてておこないますので少し痛みを感じる方がいらっしゃるかもしれません。

続いてブーストです。

ポリリン酸と同様に直接歯面にジェルを塗るホワイトニングです。
高濃度ですが、中性(ph7)の為、歯に優しく、歯質を傷めません。
歯肉を保護して歯面にジェルを塗り、15分間作用させます。これを2,3セット行います。この際、機械や光は使用しませんので、光による痛みはありません。
エナメル質が薄いケースですと、白さが顕著に出ない場合もありますが、通常、即効性があり、その場で確認ができる白さになります。

当院で行っているケンズ、ポリリン酸、ブーストはホワイトニングを希望される方とのカウンセリングの際、十分な説明とともに決めさせてもらっています。

各施術時間、料金等が違ってきますのでホワイトニングに興味のある方はスタッフまでお声掛けください。

HOME > ブログ > ブログ