ブログ

ブログ

歯周病について

2020年7月22日  
こんにちは、歯科衛生士の菊池です。

今回は歯周病についてお話ししたいと思います。
歯周病とは歯を支える歯茎や骨が壊されていき、最終的には歯が抜けてしまう病気です。
歯周病と言えば、中高年以降の病気と思っている方も多いのではないでしょうか?
実は10代〜20代の若い人でも深刻な歯周病に悩まされる方がいらっしゃいます。
この若年者で発症する歯周病を侵襲性歯周炎と言います。
侵襲性歯周炎は急速に進行するため、なるべく早期に治療が必要になってきます。

歯周病の主な原因は歯垢です。
歯垢はザラザラとした黄白色の細菌の塊です。
ブラッシングが充分でないと歯の表面に付着します。
しかし侵襲性歯周炎の場合、歯垢の付着は少なく、歯茎の炎症もあまり見られません。

原因の一つとして遺伝的要因が関与していると考えられています。
例えば、ご家族の中に早期に歯の喪失をしたことで入れ歯を入れた方など。

歯周病は虫歯とは違って自覚症状がないので気づいた時には歯がぐらぐらに、、、なんていうこともあります。
痛みがなくても積極的に歯科医院での検診をお勧めします。

HOME > ブログ > ブログ